自信という最上のドレスの手に入れ方

それは小さな積み重ね
まず他人と比べる癖をやめましょう。

最終付録部分の食べ物のところがとてもいい。
他の本にも書かれていることも多いけど、改めて復習です。
そして、ナレッジは即、実生活に活かしたいです。

●美しさに対する誤った理解(洗脳)

・私たちが毎日接している美しい女性の広告。それらが無意識のうちに「もっと痩せなければ…もっとキレイにならなければ…」という強迫観念を植え付けていることをご存知ですか? そもそも、マスメディアに登場する”美しい女性”たちは、ほとんどが撮影後に修正を加えられています。メディアに露出している美しい女性のイメージは単なるプロジェクション(幻影)だということを知りましょう。その幻影を目標に、自分もそうなりたいと思って無理な食事制限をしたりすることが、どれだけ意味のないことか…。
・フランスには「ワインと女は古い方がよい」ということわざがあります。つまり、ワインは熟成した方が価値が高まるように、女性も何も分かっていなくて話していても面白みのない小娘よりも、さまざまな経験を重ねてきた女性の方がずっと魅力的だということなのです。実際、常に美しさに磨きをかけているフランスのマダムたちは、年下の男性の憧れの存在なのです。

美しさとは何なのか、誰かに与えられた感じ方ではなくて、
自分自身で、そう、美学のようなものをもっておく必要がある。

●Mindset

・10年後の自分が「ありがとう」と言ってくれることを今日やりましょう。
・今あなたが、誰かに拒絶されて絶望しているとしても、それはあなたが幸せになるために必要な正しいプロセスなのかもしれません。それは決してこの世の終わりなどではなく、新しいステージの幕開けであることを頭の片隅に覚えておいてください。

10年後の自分から感謝される行動。
これ、この本から得たもっとも重要な一行。

●自分を大切にするということ

・実は、女性にとって褒められることはとても重要なのです。男性は、自信を持つことを助けるテストステロンというホルモンの分泌がもともと女性より7〜8倍も多いので、女性よりも自信を持っている人が多いのです。女性はもともとテストステロンの分泌が少ないので、自信を持つには誰かに褒めてもらうことが必要なのです。
・スケジュール帳の翌月のページを開いて、このご褒美の予定を先に書き込んでみてください。最低でも週に一回優先的に書き込んでしまうのです。急な予定が後から入ってきて、ご褒美の方をずらさなければいけない時もあるかもしれません。しかし、ご褒美の予定を入れておかなければ、何も意識することなく、どんどん予定を詰め込んでしまうでしょう。もしそれほど急ぎでない用件なら、ご褒美の時間を避けて予定を組むこともできますよね。それが、自分を大切にするということです。
・断る時のポイントは3つ。まず、すぐに返事をしないこと。「ちょっと考えさせて」と言って一旦保留にして、本当に自分が望んでいることなのか、自分自身と相談する時間を作りましょう。

テストステロンの差の話は、とてもわかりやすかった。びっくりした。
そうだったのか…。
それにしても、自分自身を痛めつけている人は、多い。
先に、人生における優先順位の高いことでスケジュールをブロックしてしまう。
これ、たしか本田直之氏の本にも書いてあったし、
7つの習慣における、四象限の考え方も同じだな。

●アファメーション

・「私は」「私の」から始めること。
・「老化は気から」ということなのです。「自分は若い」と思い込むことで、肉体にもここまで違いが表れるのならば、これを上手に活用しない手はありません!50歳で「ヨガの先生になりたい!」と宣言してもいいですし、60歳で「イタリア語を勉強する!」と言ってもいいのです。その思い込みが、どんな高級エステや健康食品もかなわない効果を発揮するかもしれませんよ。
・問題は一日約6万の思考のうち80%が、ネガティブな内容だということ。単純計算で一日に約4万8000も後ろ向きなことを考えていることになります。そして、それらが悪い神経伝達物質を作り出してしまっているのです。しかも、毎日の思考のうち95%は、昨日と同じことなんだそう。つまり、一度ネガティブなことを考えてしまうと、明日も明後日もまたその次の日も、無意識のうちにずっとネガティブな思考を繰り返してしまうのです。まるでiPodで毎日毎日、聞きたくもない暗い曲だけを延々とリピート再生しているようなものです。
・朝、目が覚めたら、ベッドに横になったままで、ポジティブな言葉や感謝の気持ち、達成したい目標を心の中でつぶやいてみましょう。おすすめは、シンプルに「今日も素敵な一日になりそう!」と思うこと。
・このエクササイズは簡単なわりにとても効果的です。寝る前に一日を振り返り、楽しかったこと、嬉しかったことを思い出して、そのことに感謝するだけでいいのです。できれば少なくとも3つは探してみましょう。

寝る前のこれは、子どもとよくやっている。これからも続けよう。
ネガティブな自動思考から見を守るためには、
やはり、音声教材で耳を塞ぐというのが、手っ取り早そうだな。

●ワクワク パッション

・”Whats is your passion?” 欧米ではわりと一般的な質問です。パッと答えられますか?英語の「パッション」は、心の中でパッとライトが点灯し、自分を輝かせてくれる何かのこと。自分が心から楽しいと感じられること、時間を忘れて夢中になれること、身体が自然と動いてしまうようなこと、深い充実感を得られること…。ハッキリ分かっている人は内側から溢れるオーラが違います。なぜならば、情熱はその人をより美しく輝かせる強い光の源だからです。
・子供の頃、何になりたかった? 一週間休みをとれるとしたら何をしたい? テレビで自分の特集が組まれるとしたら、テーマは何になる? 友人から頼りにされていることは? 子供の頃や学生時代、得意だった科目は? ほとんど誰にも知られていないけれど、実は大好きなことは何? 何をしている時に「上手だね〜!」と言われる? 本格的に挑戦したわけではないけれど、ものすごく楽しいと感じたことは何? いつまででもやっていたいと思う瞬間はいつ? 感動で鳥肌がたった経験は? 何をしている時に無条件でワクワクする?
・人生とは、このガラス瓶のようなものなのです。ゴルフボールは人生で最も大切なものを表しています。それは、家族であり愛する人、あなたの情熱であり、あなた自身の健康です。あなたがこれら以外のすべてを失ったとしても、この最も大切なものがありさえすればあなたは自分の人生を満たすことができるのです。
・小石はあなたの人生においてかなり重要なものを表しています。しかし、それはあなたの幸福を決定づけるようなものではありません。それは例えば、仕事であったり家や車だったりするものです。砂が示すものは、それ以外のすべてのもの、つまり、人生において数えきれないほど些細なもののことです。自分のガラス瓶を最初から砂で埋めつくしてしまっては、ゴルフボールや小石を入れる空間がなくなってしまいます。私たちの人生も同様に、細々とした忙しない物事で最初に埋め尽くしてしまうと、本当に大切なものに割くべき時間を失ってしまうということなのです。コーヒーは、君の人生がどれだけ忙しくて、いっぱいいっぱいになっているように感じても、友人とコーヒーを飲む時間はいつでもあるということですよ。
・ビジョンボード : 趣味の写真や興味を持っている分野をイメージさせる写真

ここ、もっとも重要な私のテーマ。
ソースのワークショップ、そろそろ行ってみようかな。
Whats is MY passion?
ことあるごとにこの質問をなげかけたい。

●ボディーランゲージ

・エレガントな女性を目指すなら、写真撮影の時のピースサインから卒業しましょう。その手のサインひとつで、大人の女性としての魅力が半減してしまいます。
・お店に入って店員さんから「いらっしゃいませ」と声をかけられた時、全く無視して入ってしまったり、なんとなく目をそらしてそそくさと奥の方へ入っていったりしていませんか。それでは素敵な女性のオーラは出ません。こんな時は、相手の目を見て笑顔で「こんにちは!」と返すのが正解です。声に出さなくても、相手の目をしっかり見て微笑むだけでも、あなたから美しい自信のオーラが出るはずです。

確かに。
ピースをやめることと店員さんに挨拶することは、
子どもたちにも、今のうちから、教えていきたい。

●睡眠と幸福の関係

・睡眠が足りていないとでんぷん質や脂肪が多いものを食べたくなり、それらを食べると感情を司るアミグダラという脳の器官が刺激され、感情が制御不能になってしまいます。睡眠不足でただでさえイライラしているところにジャンクフードによるダブルパンチになってしまうというわけです。
・逆に、睡眠が精神状態を安定させる作用も非常に強力で、年収が6万ドル増えた時の幸福感よりも、毎日一時間多く眠った時に得られる幸福感の方が大きいという研究結果があるほどです。

年収600万増よりも、毎日の睡眠が一時間。
えーってびっくりするけど、よくよく考えてみると、
確かにそう。納得。

●運動

・激しい運動の場合、開始してから5分以内に気分に良い影響を与えるという研究結果があるほど、運動には即効性があります。運動によって分泌されるセロトニンやノルアドレナリンのような神経伝達物質は、うつ病にも効果があるといわれています。
・一週間に3時間の運動をすると、全く運動をしない人に比べて9歳若く見られるという研究結果もあります。
・呼吸法 : 感情をコントロールできるようになりますし、自然と前向きになれます。想像力や集中力もアップしますし、肌のツヤも出るという嬉しいボーナスも付いてきますよ!

呼吸法とサーキット。
コレ最強。

●食事

・ジャンクフードは食べている人が非常に美味しく感じて、少量でやめられず、病みつきになるように意図的に作られています。麻薬のヘロインに近い中毒性があるという研究結果すらあるほどです。
・スペインで1万2059人を対象に6年にわたって行われ、2011年に発表された研究によると、トランス脂肪酸を多く含む食事を摂る人は、トランス脂肪酸をほとんど摂らない人に比べて、うつ状態になるリスクが48%高いということが明らかになりました。
・また2013年に発表された研究では、妊娠中に妊婦がジャンクフードを摂り過ぎると、生まれてきた子供は不安感やうつ状態など不健康な精神状態になる可能性が高いという結果も出ています。
・子供用にとてもヘルシーなイメージで売り出している食品でも、原材料欄の最初の方に複数のトランス脂肪酸が記載されていることもあり、ショックを受けるかもしれません。
・砂糖や精製された炭水化物を摂取すると血糖値が一気に上がってとてもハイになり、一瞬とても幸せな気分になります。しかし、血糖値が上がったというサインを受けてインスリンというホルモンが大量に分泌されると、今度は血糖値が急降下するので、すぐにイライラしたり、披露を感じたりします。
・特に気をつけていただきたいのが異性化糖(高フルクトース・コーンシロップ)という液糖で、「果糖ぶどう糖液糖」や「ぶどう糖果糖液糖」と表示され、単に「コーンシロップ」とも呼ばれる甘味料です。人工甘味料よりヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、それは大間違いです! トランス脂肪酸のように化学的なプロセスで作られているので、とても危険なのです。また、人工甘味料と同様に摂取しても満腹感を得られないので、もっと食べたい! という欲求が抑えられなくなるのです。
・そしてまた糖分の高いものを食べて気分の高揚を味わい、数時間後にすぐ気分が打分してだるくて落ち込む…ということを繰り返す「気分のジェットコースター」状態になってしまいます。これがさらに悪化すると、ついにはうつ病を発症してしまうケースもあります。最近の子供が、感情をコントロールできず、キレやすくなっているといわれるのは、食生活の変化に一因があると私は考えています。
・グルテン  : 腹部の膨満感や消化不良、下痢や便秘、肌荒れ、PMS、生理不順、不妊症、喘息、偏頭痛、関節炎、肥満など、グルテンの摂取でなんらかの体調不良が出ている人をグルテン過敏症と言い、アメリカでは20人に1人が当てはまるといわれています。

子どもに糖分を与え過ぎないように、注意。
果糖ぶどう糖液糖の話、それから人工甘味料にだまされないように、
もっとよく気をつけなきゃ。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました