いい女はみんな淫乱

OLのリアルSEXライフ378
みんなの性生活を徹底レポート
セックス好きな女は男にモテて仕事もできる!
女子会で話題!

本のタイトルはちょっとカゲキだけど、
「性欲を自己肯定している人」がいい女
という意図らしい。(本文より)
でもまぁ実際は、過激にした方が売れる
っていうことなのだろう。

●セックスレス セックスに対する意識

・今のパートナーとのセックスレス期間は?(Bのみ回答)
1-2ヶ月前 : 7%
3-6ヶ月前 : 9%
7-12ヶ月前 : 17%
2-5年前 : 31%
6年以上 : 12%
はじめから : 9%
子どもができてから : 3%
未回答 : 12%
・セックスレスについて悩んでいる?(Bのみ回答)
悩んでいる : 52%
悩んでいない : 40%
未回答 : 8%

1〜2カ月でもセックスレスと感じている人が7%もいることが驚き。
また、悩んでいる人は、
性欲をどうしてよいか悩んでいるという人と、
愛情に対する不信感をどうしようと悩んでいる人がいると思うのだけど、
この調査からはそれが読み取れないのが残念。
また同様に、悩んでいない人も、
他にセックスパートナーがいるから悩んでいないのか、
本当にどうでもいいと思っているのか、そのあたりを突っ込んでくれればよかった。

・満足していない理由は?
1位 頻度が少ない
2位 オーガズムに達しない
3位 その他
4位 パートナーとの相性が悪い
5位 相手がいない

具体的な数値が見えなかったんだけど、
先程の疑問にこの全体調査の結果を加えれば、
1位と4位、5位はいずれもセックスがしたいのにできない、と読める。
つまり、たくさんの女性が、性欲の行き場に困っている、ことになる。
(母集団そのものの傾向を差し引いて読む必要はあるけれど)

●不倫やセフレに対する意識

・30代も半ばになるとオフィシャルな彼氏をつくるのがだんだんと難しくなってくる。それより、Hする相手というか…。でも、30代後半は相手がいるだけでもマシと聞いたこともあり、30代後半女性の悲哀を感じます
・40代が恋愛やセックスをするには、リサイクルが最も手っ取り早い。過去のボーイフレンドたちとだったら、腹の探り合いもなく、出会ってから性的な関係になるまでの面倒な駆け引きなども不必要でしょ?
・私が彼のセカンドに甘んじているのは「いつか振られる」という不安から解放されたいため。一位をずっとキープするのは難しいってわかってるから。そんな不安に怯えるくらいなら、最初からセカンドでいたほうが落ち着いて彼と向き合えるんです

30代後半以降は、性に旺盛な女性は簡単に落ちてしまう。
そして20代であっても、セルフイメージの低い人、いわゆる自信のない女性は、
とくに不毛な恋愛にはまってしまいやすい。

●性欲に対する心理的・社会的抑圧

・H=いやらしい・不健全 という思春期のイメージと、いまの体の欲求とが一致しない
・それまでのセックスは、心のどこかで「乱れてはいけない。はしたない」と思っていて、快感を勝手に制御していたような気がするんです。なぜなら、相手のことが好きだから。乱れすぎて相手から「こいつ、淫乱だな」と思われて引かれるのが怖かったんですよね。でもこの人との初セックスの時は、正直言って「彼にどう思われてもいい」と思ったの。だって、好きな人じゃないから。理屈抜きでセックスだけを楽しもうと思ったら、自分でもびっくりするくらいに感じたし、体が自然と動いたんです
・大人として快感をお互いに追求していくという点では、年上の男性は本当にベストだと思う。若い者同士だと「体だけが目的なのか」とどちらかが思いがちになるけれど、そういう面倒くささがないんですよね。セックスしてるんだから、快感が目的じゃなくてどうするのよ、と思うんです。
・不思議なことに、恋人や夫ではない、割り切った関係の人だと、挿入も含めてセックスが楽しめるってことに気がついたんです。たぶん、セックスは汚れた行為という概念があるから、ちょっと見下したような相手、軽蔑するような男とセックスして「ちょうどいい」と思っているところが自分の中にあるんじゃないかな。
・思い切りセックスしたくても、女性ということもあり切り出しにくい。いっそ恋人ではなくていいので、信用できる男性と定期的に肉体関係がもてたらいいのにと思う。恋愛ではウソや裏切りがあり疲れてしまうが、肉体関係だけであればそのときの感覚だけでウソはないので気が楽

性を抑圧する社会だからこそ、余計に、
ある一定のラインを越えた瞬間、どこまでも落ちていく人が増えていく。
実は、様々なマニアックな風俗があり、そういう発散の場所を与えられた男性の方が、
不倫については消極的なのではないか、と思う。
後で内藤みかコメントにもあったが、
社会的に「真面目」と通っている人の方が、その方面には
意欲的なのかも知れない。

●男性に対する不満

・レズビアンって指技でセックスするから、みんな爪が綺麗なんですよ。必ず短く切り揃えていて、当然ネイルアートなども施していない。セックスの時も必ず手を洗うなど、本当に手先指先の清潔には気を配るんです。男はそこまで考えないでしょ?伸ばしっぱなしの爪や洗ってない指を、平気で膣に突っ込んでくるし。膣は聖域だと思っている私にとっては、男のそんな配慮のなさも嫌いなんですよね
・私、「キスしていい?」とか「セックスしない?」っていちいち伺いをたてる奴が嫌いなんです。それって、なんかずるくないですか?最終的に女に責任をとらせようという逃げが見えて、なんか嫌。本当に私とやりたかったら、つべこべ言わずチャレンジしてこいよって思う
・早漏って、それをコンプレックスに思ってる男の人が多いけど、私は逆に可愛いなって思ってしまう。「我慢できなかった。ごめん」って言われちゃうと、「ああ、私の体でそんなに気持ち良くなってくれたんだ」って愛おしくなっちゃうんです
・食事の仕方で、その男性のセックスがわかる 特に肉の食べ方でわかる。なかでも骨付き肉ね。フォークとナイフで食べやすいところだけをカットして口に運ぶ人が多いと思うけど、そんな食べ方をする男性のセックスは普通、もしくはお粗末(笑)。あまりタフとは言えないはず。でも、手掴みで骨までしゃぶるように食べ尽くす男性は、だいたいすごいセックスをする。
・セックスはコミュニケーションだと思う。ただ抱き合ったり、触れ合ったりするだけでも十分なのに、なぜかオール・オア・ナッシングになってしまいがち。

男性は、このあたり、よく理解しておいた方がいい。
AVを見過ぎて、勘違いしている人、多そう。
とくにレズに学ぶというのは、よい方法なのかも知れないな。

●内藤みかコメント

・日本女性は性経験をあまりおおっぴらには語らず、隠したがる。ましてやマスターベーションについては、トップシークレットと言ってもいい。けれど隠されているからこそ、私たちはそれを知りたくなる。とくに同世代女性については「みんなはどのくらい、いやらしいことをしているんだろう」と気になる。だから、ありのままに正直に明かされた今回のレポートが、とても気になるのだ。
・実は、胸元を露出させ、超ミニワンピをはき「私はいやらしい女です」と主張しているような女性は、意外と経験は浅いことがある。見せることで満足してしまい、本当のセックスではさほど燃えないと言う人もいた。案外、一番淫乱なのは、地味な服を着て、普段はエッチな言動を覆い隠して生きている一見平凡な女性のほうなのかもしれない。

とくにマスターベーションに関しては、ほんとうにそうだろうな。
逆に言えば、そこに商機がある、ということもできそう。

・不倫経験の多さ…ひょっとしたら雇用情勢と何か関連があるのかもしれないと思い至った。不況の影響で、企業はなかなか社員を雇わなくなり、その代わり増えたのは派遣社員。正規社員ではないため、年ごとの契約更改が継続されるかどうかもわからない。また、たとえ社員であっても早期退職の呼びかけがいつ行われるかもわからない。現代日本の労働環境には、未だかつてないほどの不安定感が満ちている。それでいて彼らは呆気なく転職する。いい条件の仕事があったら、あっさりと職を変える。これもまた近ごろ目立っている現象だ。このままでは、ひとつの会社だけに骨を埋めるなんて人は激減する一方だろう。雇用が不安定になったことと、不倫への抵抗感の薄れはどこか比例している気がしてならない。勤め人がひとつの会社に忠誠を誓わないように、人妻も、夫に障害の貞操を捧げたりはしない。少し会社に飽きたらすぐ転職を考えるように、少し結婚生活にマンネリを感じたらすぐに、浮気相手を探し始めてしまう。また、月収が減ったため、副業を始めるサラリーマンの姿と、パートナーとセックスレスになったため、浮気相手を探す女性の姿とは、どこか似ている気がする。本業(本命)だけでは満たされないので、副業(浮気)が必要なのだ。
・私と同じように「まるで男がいない、という隙間の時間を作りたくない」と考えている人が何人もいたことが嬉しかった。純粋な恋愛感情でなくても誰かと会っていたい。それはメスとしての自分を保つための必要な行動だと前から考えていたからだ。

男性と離れてしまった時期を恐れるというのは、
仕事から離れて社会から浮いてしまった時期の男性の感覚に似ているのかも知れない。
私も一時期まったく仕事をしない時期があったので、
その(男性の)感覚は、よくわかる。
一時的になら、仕事を選ばず、何でもいいから働こうかな、という気分になるものだ。
女性も、一時的になら、相手を選ばず になるのかな。

コメントを残す