SAKURA 2015年1月号

ママ・妻・女子 3キャラな私は着回しの天才

男性が女性誌から学べることって、ほんとに多い。
いろんな意味で。

簡単ウラワザ のところの記事が興味深かった。
いくつか抜粋

・バンバーグをかねた脂ギトギトの手は小さじ一杯の砂糖を手に振りかけてから洗うとスッキリ
・着る前にシャツの襟や袖口にベビーパウダーをはたいておくと、汚れがつきにくく洗濯がラク 汚れやすい白靴下にもオススメ
・トマトの皮は湯むきしなくても箸で皮をこすってから下に穴を開けると手だけでツルンとむける
 まず箸でトマト全体を一周、軽くこすります。次に、ヘタの反対側に深さ1cm程度の穴を箸で開けます。その状態でトマトを持ち、皮を引き下げます。箸でこすった摩擦で皮と果肉を密着させているペクチンが緩むため、ツルンとむけますよ
・網戸はエチケットブラシでなでように掃除すると一発でキレイになる
・カレーは鍋ひとつに大人味を作り、子ども用には粉末ポタージュをスプーン二杯分加えて混ぜれば甘口に
・サンドイッチは縫い糸を交差させて引っ張り切りすると切り口がつぶれずに市販品のようなでき栄えに
・じゅうだんにこぼしたしょうゆ染みは、水をかけた後に乾いた布を乗せて、その上から掃除機をかけると取れる
・ステンレスのシンクは、小麦粉に酢を混ぜてペースト状にしたものでこすると汚れと曇りが一緒に取れる
・洗濯乾燥機を使うときに、乾いたバスタオルを一枚入れると乾燥時間が短くすむ
・子どもの体操服に名前を書くときは、ヘアスプレーを吹きかけてから油性ペンで書くとにじまない
・お弁当箱についたニオイは塩水を入れて二分振ると取れる
・ゆで卵の殻むきは、密封容器に水と玉子を入れて10秒振るときれいにむける
・ニット毛玉は食器用スポンジのガサガサした面でこすると神のようにとれる
・窓のレールやふすまの溝に輪ゴムを置いて開け閉めすると挟まったホコリが簡単に取れる

家事をすることも少し増えてきたので、
やってみようと思う。

コメントを残す