田坂広志

2.近未来予見

能力を磨く

AI時代に活躍する人材「3つの能力」 学歴社会が崩壊し知的職業の半分が失業する時代が来る その前にいかなる能力を身につけるべきか 誰もが、AI失業を語る しかし、誰も、その対処法を教えてくれない 田坂先生の新刊なので、...
[A]マインドセット

なぜ、優秀な人ほど成長が止まるのか

何歳からでも人生を拓く7つの技法 残念な人、一流の人、その差は紙一重 もう15年くらい前から私淑する田坂さん。 書かれた本は、出版されれば無条件で買って読む。 そんな感じ。 今回特に心に響いたところは ...
1.思考法

東大生となった君へ

BigDataとDeepLearningによって もはや直観とか判断と言われていた部分の能力ですら AIにとってかわられる時代なのだ。 そのことに改めて驚きを覚えるとともに、 AIにできないこととは何か、 考えさせ...
1.思考法

深く考える力

"論理思考を超えた叡智"が湧き上がる5つの技法と38のエッセイ あなたの中に眠る「賢明なもう一人の自分」 以下、心にとまった言葉 ・ある随想の中で、一つの考えが述べられたとき、「筆者は、次に、この考えを、どう深...
[A]マインドセット

すべては導かれている

逆境を越え、 人生を拓く 五つの覚悟 その覚悟を決めた瞬間 想像を超える 「不思議」が訪れる なんというか、なんと表現してよいか・・ ただもう「ありがとうございます」と、 そう言いたいというのが、正直な感...
[A]マインドセット

人間を磨く

人間関係が好転する「こころの技法」 なぜ、欠点の多い人間が好かれるのか? 今すぐ実践できる「7つの技法」 人生の解釈力 という言葉が印象的だった。 田坂さんの本はどれも、 将来、ある程度の年齢になった子どもたちにも ...
[A]マインドセット

仕事の技法

相手からの「言葉意外のメッセージ」を感じ取る この一つの技法を身につけるだけで 「仕事力」は、圧倒的に高まる 田坂さんの著書は、出版されたら全買い。 今回はとくに 「深層対話力を誤ることなく使うために、相手に、深い敬意...
[A]マインドセット

人生で起こることすべて良きこと

逆境を越える「こころの技法」 そう思い定めるとき道は拓ける 人生の岐路で気づきを得る「50の言葉」 田坂さんの書かれる本はそのどれもが、 厳しく、深く、心に響く。 人生の節目で、そしてあるいは何かに悩んだ時に、読み返す...
5.パブリックスピーキング

ダボス会議に見る世界のトップリーダーの話術

言葉を超えたメッセージの戦い プロフェッショナルの世界では、言葉を発する前に、勝負が決まる。 世界のトップリーダー2500名が鎬を削るダボス会議。 「戦いとしての話術」を学ぶ。 これは教科書、かな。
1.ライフワーク

人は、誰もが「多重人格」

誰も語らなかった「才能開発」の技法 なぜ、「隠れた人格」を育てると、「隠れた才能」が現れるのか? 21世紀のダ・ヴィンチは、いかにして生まれるか? なぜ、私のメンターが あの人ではなくて、あの人なのか、 その意味がわか...
[A]マインドセット

知性を磨く

「スーパージェネラリスト」の時代 なぜ、高学歴の人物が、深い知性を感じさせないのか? 目の前の現実を変革する「知の力」=「知性」を磨くための田坂流知性論。 田坂さんの本はすべて教科書。 つまり、雑誌のように読み捨てられる...
2.近未来予見

金融業の進化 10の戦略思考

戦略プロフェッショナルへの自己変革 原点に回帰せよ。そして、進化の未来を描け。 金融業の使命とは、個人や企業、そして社会に「ゆたかさ」を届けることである。 今のお客さんは金融業に分類される保険会社。 ということで、田坂さ...
5.放射能対策

官邸から見た原発事故の真実

これから始まる真の危機 首都圏三千万人の避難は、なぜ避けられたのか? 事故直後の3月29日から5か月と5日間、 内閣官房参与を務めた原子力工学の専門家が、 緊急事態において直面した現実と、極限状態で求められた判断とは? ...
2.近未来予見

これから働き方はどう変わるのか

すべての人々が「社会起業家」となる時代 「働く喜び」を得るためにいま、何をすべきか 「ゼロサムの報酬」ではなく、 「プラスサムの報酬」を求めよ。 ここに書かれていたようなことが、 その約10年後の今、現実的になってきた...
4.世界観

いかに生きるか

震災後の新たな日本を拓く7つの言葉 いま、あなたが為すべきことは何か 2011年3月11日東日本大震災 あの日、我々の生き方が そして働き方が、 静かにそして確かに変わり始めた 3.11は、すでに風化しつつある感じもあ...
タイトルとURLをコピーしました